焼きそば研究所

焼きそば具材考察:ベストナイン

ここでは、ソース焼きそばを構成する要素・具材について、考えてみる。

 

ひとます、ベストナインの形式で整理してみよう。

 

1番 センター 紅しょうが

 

2番 セカンド キャベツ

 

3番 ファースト ソース

 

4番 サード 麺

 

5番 レフト 豚肉

 

6番 ショート もやし

 

7番 ライト たまねぎ

 

8番 キャッチャー にんじん

 

9番 ピッチャー 青のり

 

 

どうだろうか。

 

 

 

なお、今回のラインナップ作成にあたっては、意識的に、「ソース」と「麺」という本来、
「具」として捉えるべきではないものも含まさせていただいた。

 

ご飯のおかずに、「ご飯」と「味噌汁」を入れてしまった、
なんといえばいいのかトートロジー的な矛盾がなくもない。

 

ひとまず、ソース焼きそばの構成要素として捉えていただければ幸いである。

 

 

ソース焼きそばは、大きく言って「家系(いえけい)」「屋外系」「店系」に分類することが出来る。

 

ここでいう「家系」とは、ラーメン界における「家系」とは異なり、単に家庭で作るソース焼きそばを指す。

 

 

今回の具材ベストナインは、「家系」「屋外系」「店系」を包括した現時点、
私が選びうる、最高のラインナップである。

 

 

 

例えば、「家系」ソース焼きそば、つまりは自宅で作るソース焼きそばの場合、
紅しょうがを用意・常備しているご家庭は少ないのかも知れず、
おしんこによる代用もまあ是とすべきではないか。

 

あるいは「店系」で青のりを意識的に排除しているケースも多い(青のりの「歯」問題を回避するため)。

 

以上のように、構成要素にゆれ・出し入れがあることも承知の上で、これが最高のラインナップなのだ。

 

 

ちなみに。
昨今のベストナインでは、ピッチャーを先発、中継ぎ、押さえと役割分担にそって選定している。

 

あえて、ピッチャーをあと2人、選出できるとすれば、次のとおりである。

 

中継ぎ:天かす

 

押さえ:きくらげ

 

 

 

次項から、具体的な選手について見ていってみよう。